前へ
次へ

バーベキューならではのメニュー

バーベキューと言えば、多くの人は、肉を焼いて楽しむというイメージを持っていると思いますが、私もはじめのころは、とにかく肉を焼いていました。
牛肉から始まり、豚肉、鶏肉と進み、それでは飽き足らず、次にはホルモン系に手を出し始めました。
炭火でじっくりと焼き上げていくことで、普段と同じ肉でも、よりおいしく感じるのは不思議なものです。
それでも、肉を一通り手を出すと、その後は甲殻類や魚類にも手を広げ始め、さらに面白い、そしておいしい食材はないかと考え始めます。
そして、私の中で究極のメニューとしてたどり着いたのが、マグロの頭でした。
バーベキューの炭火で遠赤効果を利用しても、巨大なマグロの頭は簡単には日は通らず、大型の頭の場合、2時間ほどかかってしまうのですが、飲みながら、そして語りながら焼くマグロの頭はなんとも言えない魅力があるのです。
なんといっても見栄えがよく、ゆっくりとした時間にぴったりなことと、なんといっても、魚と肉の中間的な味わいは、まさにバーベキューだからこその料理と言えます。

Page Top